はぐろ薬局
空白

概要必要な機器インストール操作ダウンロード利用登録サポートその他ソフトリンク

■ 散薬監査システム Astraea に必要な機器

必要な機材はこれだけ
(上の写真はクリックすると大きな画像が別ウインドで開きます)

 Astraeaの使用にあたっては、安価で導入できる代わりに、ご自身で必要な機器を用意し、設定をしていただく必要がございます。
 以下に必要な機器の一覧をまとめます。

Astraea導入に必要な機器の一覧

品 目 参考価格 メ モ
PC本体 20,000
〜200,000
必要スペックは、Pentium150mHz、メモリ64M以上、モニターサイズは800×600以上となっています。
OSはWindows95/98/98SE/ME/2000/XPが対応です。ただし、利用する周辺機器(USB関係)によってはWindows95では利用できない場合があります。
また、電子天秤との接続には、基本的にシリアルポート(RS232C)が必要です。ただし、USBシリアル変換ケーブルの様な製品を使うことで解決する場合もあります。
電子天秤 68,000
〜72,000
新光電子株式会社製の調剤天秤DJM300シリーズが開発時の標準天秤です。その他にもOEMで販売されている株式会社イシダ製(MB-A300等)のものや、高園産業株式会社製(LB-500M等)の物でも動作するようですが、全ての製品で動作確認している訳ではありません。いずれの場合も別途RS232C出力オプションが必要になります。
調剤用の検定付き天秤以外にも汎用天秤でも動作するケースがあります。詳しくは動作確認済み機器一覧をご覧下さい。

天秤追加情報
・2005/12/02:A&D社製の調剤用電子天秤EK-320HR等で動作確認がとれました。
・2007/04/04:島津製作所製の電子天秤やOEMのユヤマのCS-320D等も動作確認がとれました。
RS232C
オプション
20,000
前後
新光電子製電子天秤の場合、天秤と一緒に買えば組み込んだ状態で入手できます。このオプションにPCと接続するためのケーブルを作るためのコネクタが付属します。
A&D製電子天秤の場合はコネクタ一つで簡単に取り付け可能です。ケーブルは市販のRS232C用ケーブルを使用します。
バーコード
リーダー
10,000
〜100,000
安価(1万円以下より有り)なタッチ式のCCDタイプから、高価ですが便利なレーザー式まで色々あります。
PS/2ポートやUSBポートに接続でき、キーボード互換入力が出来れば問題ないと思います。
認識性がすぐれていて便利なものが欲しい方は、高価ではありますが、レーザー定置式のものがおすすめです。最近では、安いものは3万円台から買えるようになりました。
プリンタ 15,000
〜80,000
プリンタは無くても使用することはできますが、秤量記録を残すという意味ではあった方がよいでしょう。
スター精密製のTSP-242の他、三栄電機製のPrinty(BL-80R)で動作確認しています。
基本的にはWindows用のドライバが存在する、紙幅が75〜80mm程度のレシートプリンタ、若しくは市販のインクジェットプリンタ(A6〜A5サイズが印刷できるものが適当)であれば動作すると思います。
レシートタイプのサーマルプリンタでも、探せば新品で3万円台のものからあります。オートカットなどが付くともう少し値段がすると思います。おすすめは探せば6万円位から手にはいる様になったエプソンのサーマルプリンタTMシリーズです。

動作確認済み機器一覧機器メーカーリンク集

電子天秤との接続

1,新光電子製電子天秤(OEM含む)の場合
天秤とPCの接続ケーブルは自分で用意する必要があります。
新光電子の天秤用RS232Cオプションを購入すると、天秤側のコネクタ(DIN-5)のみが付いてきます。これを自分のPCに適合する市販のRS232C用のシリアルケーブルを購入して、接続をする必要があります。制作の詳細は各天秤用オプションの取扱説明書をお読み下さい。
自作する場合半田付けなどの作業を要しますので、自信の無い方は天秤メーカーにご相談いただくか、Astraeaのケーブル付きパッケージ(予定)をご購入下さい。
<<参考資料>> ケーブルの作成と動作確認

2,A&D製電子天秤の場合
天秤とPCの接続ケーブルは自分で用意する必要があります。
EK-320HRの場合、市販のRS232C用のケーブル(D-Sub9pinメス−D-Sub25pinオス→例:エレコム製) が必要です。


電子天秤の設定

Astraeaに接続する電子天秤は、以下のように設定を行ってください。
特別に記載がない設定項目は工場出荷時の状態にしておいてください。

1,新光電子製電子天秤(OEM含む)の場合
機能項目 表示 設定値 機能の働き
ボーレート 7.b.L 4800 bps 天秤との通信速度を設定します

2,A&D製電子天秤の場合(EK-320HRなど)
機能項目 分類 表示 設定値 機能の働き
データ出力モード dout Prt 3 ストリームモード
オートプリント極性 dout AP-P 2 +−の両極性
ボーレート Sif bPS 3 48000bps
ビット長、パリティ Sif btPr 2 8ビット ノンパリティ

3,島津製作所製電子天秤の場合
機能項目 表示 機能の働き
通信速度 b-4800 48000bps
ビット長、パリティ Pno 8ビット長 パリティなし
デリミタ設定 d-CrLF CR+LF

両社とも上記以外の設定値は出荷時の標準状態で設定してください。
ボーレートに関しては、Version1.3.0以降はAstraea側の設定を変更してもかまいません。


バーコードスキャナの設定

通常は購入時の設定で問題ありません。
自動改行モードは「Enter + 改行」に設定してください(通常は購入時には設定されています)
常時読み取りモード設定が可能だと都合がよいでしょう。

IBMの「Thinkpad」シリーズのPS/2ポートにバーコードリーダーを接続する場合の注意点
「ThinkPad」シリーズをご使用になる場合、バーコードリーダーをPS/2ポートに接続してもご使用になれない場合があります。その際に日本IBMから販売されている 「キーボード/マウス・コネクター」を使用して、キーボードを接続するコネクタにバーコードリーダーを接続すると動作する場合があります。ちなみに、当薬局のデモ機や開発機はすべてThinkPad(535E,iSeries1620,T42)ですが、「キーボード/マウス・コネクター」を利用して、エリート社製のバーコードリーダーが動作しております。
ただし、この方法はすべてのバーコードリーダーに対して動作を保証するものではありませんので、詳しくはバーコードリーダーの販売店にご確認下さい。


<前のページ 次のページ>
--
Copyright (C) 2002-2006 haguro yakkyoku co., ltd. all rights reserved. お問い合わせサイトのご利用について個人情報の取り扱い